税込2,500円以上のお買い上げで日本全国送料無料!

H+BライフサイエンスはHABAグループです。「健康と美」に関する商品を通じて皆様に調和のとれた生活をご提案します。

検索 詳細検索
健康と美のショッピングサイト はるもにあハウス

カロリーコントロールをされている方に『マービー』を使ったお菓子を提供したいと思ったきっかけはなんですか。

斉木さん:以前、川越でケーキ店を営業していたときに一人のお客様がお見えになって、販売していたショートケーキをお会計の前にいきなり食べちゃったんです。突然のことでしたから「どうなさったんですか」とおたずねしたところ、糖尿病で長いあいだ大好きな甘いものをずっと制限されていた、店頭のショートケーキを見て思わず食べてしまった、ということのようでした。

その出来事が深く印象に残ったものですから、
そういった方にも食べていただけるお菓子を作れないものかと思ったんです。管理栄養士の姉に相談したところ、「医療機関でも使っているから」と『マービー』を紹介してくれました。それが『マービー』との出会いであり、スイーツ作りの試行錯誤の始まりでもありましたね。

これまでにロールケーキなど色々な種類のスイーツを作ってこられましたが、最近は、シフォンケーキに挑戦されたとか。完成までの道のりは大変な事が多かったのではないですか

斉木さん:マービー甘味料は膨らみづらいので、何度も失敗して一度は諦めかけたんです。それでもやはり「何としても世に出したい!」という想いがありましたので、その一念で完成させました。

膨らませるにあたり、どういう改善をされたのですか

斉木さん:業務用ミキサーで生地を作っているんですが、初めのうちは今使っている機械に負担をかけないように、卵白を全部たててからマービー甘味料を入れてました。そうしたらそれが溶けなかったんですね。膨らまない原因はこれではないかと考えて、次は卵白にマービーを入れてから弱い力でゆっくりたててみたんです。そうしたら、時間はかかるけれどうまく膨らむようになりました。

たくさんの手間をかけるのは、ケーキ生地だけではないそうですね

斉木さん:そうなんです。スイーツに使うものは、仕入れた加工品ではなくすべて手作りです。オレンジピールもそうですし、栗の渋皮煮は去年30キロ手作りしましたよ。野菜のシフォンケーキについても、生の野菜をみじん切りにしたりミキサーにかけたりして、全部自分で作っています。

試行錯誤をしながら作り続けていらっしゃいますが、その強い意思の源は何ですか

斉木さん:みなさんに安心して食べていただきたいと心から思っていることでしょうね。健康な方にも、食べる事に気を配らなくてはならない方にも食べていただきたい。ショートケーキを思わず食べてしまったあの方のように、甘いものを食べたくても、制限を受け辛い思いをしている方はきっとたくさんいらっしゃると思うんです。そういった方にも安心して「おいしい」と言ってほしい。だから、朝三時からの作業も全く苦になりません。
私が作るスイーツを待っている方がいる。その方のために、これからも作り続けます。

←マービー インタビュートップへ戻る